薬指が長い、短い

男性ホルモンと指の長さ?

女性の場合、男性ホルモンは副腎でつくられ、男性は精巣で生成され、原料としてコレステロールです。

 

どうしてもコレステロールは悪いイメージが強いのですが、体の中でほるもんやさ細胞膜の原料となっている物質。その証拠に体内で流通しているコレステロールのおよそ80%は肝臓で作られているので、必要な栄養分の一つです。

 

コレステロールから作られている男性ホルモンのおよそ90%はテストステロン、残りはデヒドロエピアンドロステロン、それからアンドロステンジオン。おの3つを総称して男性ホルモンといいますね。

 

このなかで、中心となり活動するのがテストステロンになります。

 

男性にも男性らしい男性と、そうでない男性がいます。それを決め一つの要因が胎児期に浴びるテストステロンの量と言われています。

 

海外の研究によると、聞き手の人差し指と薬指の長さを比べて、薬指のほうが長い場合、男性は胎児呂姫に多くのテストステロンを浴びている可能性が高く、テストステロン量が多い、つまり男らしいということがわかるわけですね。

 

 

薬指が人差し指よりも短い場合は、テストステロンの影響がさほど強くない。薬指が人最指より短いタイプは、男性にもイルが、やはり女性に多いそうです。性格や行動はどちらかと言うとマイルド。のんびりとしている。組織内を遠隔にするに向いているそうです。

 

男性ホルモンの受容体が多く、テストステロンお影響が強い時に起こるのが「薬指が人差し指よりも長いパターンです。」

 

思考面は公私はアクティブ。前向きな人が多いとされています。

 

 

ページの上へ