シルデナフィルが5型ホステジホステラーゼを抑制

性欲はあるが、勃起が持続しない。

人生の中で何を失われたら大きなトラブルになるのか?
人それぞれ、生きていく中で、いろんなことを感じ、学ぶものです。

 

そのなかで、私は「勃起できないこと」が大きな悩みです。もっと言えば、射精ができないこと。

 

これが、勃起不全と言う症状になりますが、
年齢やストレス、病気の併発など、さまざまなことが原因で、血流の流れが悪くなり、陰茎まわりの筋肉に力が入らないために、持続することができないトラブルが起こってしまいます・・・。

 

 

そこで、効果を発揮してくれるのがシルデナフィルになります。

 

シルデナフィルの効果

あくまでも心がけなくてはいけないのが、シルデナフィルを服用することで、性欲が高まるわけではありません。シルデナフィルの効果としては酵素の一種である「5型ホスホジエステラーゼ」を抑制することで、勃起をし、そして長時間持続してくれます。

 

では、この5型ホスホジエステラーゼとはいったい?

 

勃起する流れとしては「イヤラシイ」ことを考えることで、脳内から神経伝達をたどり、その途中で一酸化窒素が大量に分泌されます。

 

この一酸化窒素が大量に増えることで、グアノシンノーリン酸が形成され、陰茎内部に存在する海線体が陰茎の筋に血流を大量に流すことで、上昇し陰茎が高く、勃起がおこります。

 

しかし、先ほど話した、一酸化窒素からグアノシンノーリン酸を形成した段階で、酵素であるの5型ホスホジエステラーゼが分解する働きを持っています。

 

つまり一度、勃起しても、5型ホステジホステラーゼの量により、時間とともに、持続時間が短くなってしまいます。結果的に、射精ができないということになるわけです。

 

そこで、シルデナフィルの効果になります。

 

シルデナフィルを服用することで、勃起不全の原因である5型ホステジホステラーゼを抑制する効果があり、この作用により、勃起を持続してくれます。

 

 

ページの上へ