コーティングにより、副作用が異なってくる?

同じ成分なのに副作用の違い?

トップページでも少し話したんですが、私が最初にバイアグラのジェネリックを利用していたのがカマグラゴールドでした。

 

かなり有名ですね。
価格が安く、手軽に利用できる。

 

しかし私が、カマグラゴールドからシルデナフィルに乗り換えたのは副作用が原因です。
「頭痛、ほてり、胸やけ」など、を感じ、ひどい時は性欲が落ちるほど、副作用がヒドイ時がありました。

 

これは、どうしても勃起を改善する効果だけでなく、他の作用として、全体の血管を拡張するため、正常とは異なり、副作用などが起こりやすくなります。

 

そのために、ハンバあきらめていたんですが、
他の口コミなどを調べてみると、同じ成分であるシルデナフィルは副作用が少ないという情報を耳にし、使うようになったわけですね。

 

これは、どうして同じ成分なのに、副作用が少ないのかと言うと、
現在のところはっきりとしたことはわかっていないそうです。

 

しかし、成分の外側にコーティング剤が異なるために、「頭痛、ほてり、むねやけ」が軽減しているのではないかと言われています。

 

そのたために、バイアグラのジェネリックであるカマグラゴールドを利用し、副作用を感じた人は、お試し感覚でシルデナフィルを使ってみるのも一つ、良い手段だと思います。

 

 

ページの上へ