高血圧肺癌のリスク?

副作用で血管や心臓に負担?

もともとバイアグラは勃起不全を改善するために開発されたわけではなく、狭心症の治療薬として1980年代に開発された医薬品だそうです。

 

しかし、臨床試験の段階で、狭心症の効果よりも、副作用(副効果)の影響で、勃起不全を改善する効果が認められたために、世界的に販売されたわけです。

 

ただし、バイアグラやシルデナフィルの効果としては、単純に言うと血管を拡張させることで、作用します。
そのために、血圧の変動が激しいとされ、血管や心臓に対する負担が強いために、極端な高血圧や低血圧の患者が使うのは危険です。

 

血圧のことを考えてナトリウム

それから、健康的な人でも、シルデナフィルを長期間服用することで、高血圧になる確率が高くなるというデータが出ているそうなので、ある程度は心がけておかなくてはいけませんね。

 

そこで、ちょっとしたことですが、私は普段の食事などに意識しています。

 

たとえば、カリウムやナトリウムは一緒に働くミネラルで、人間はナトリウムがないと生きていけないといわれています。以上にとりすぎると高血圧になるために、胃ガンのリスクを高めるということも言われています。

 

そのために、高血圧を防ぐのがカリウムなんですね。
体内では体液に溶け出し存在し細胞の浸透圧を維持してくれるわけです。

 

そのために、毎日のように、カリウムが含まれている野菜を食べるようにしています。

 

たとえば、
「サツマイモ、じゃがいも、大豆、ラッカセイ、海藻、バナナ」

 

どれか一品でもいいので毎日食べるようにしています。
そうすることで、シルデナフィルなどを長期間服用しても、高血圧など、血圧の変動を防いでくれると思い、意識して食べるようにしています。

 

 

ページの上へ